2017年8月10日、11日:山王祭

2017年8月10日、11日:山王祭

2014-05-30 14:10:47.856

豊漁を祈願する漁師町の夏祭り。五色の吹流し、青竹、提灯に彩られた船形の曳山が町を歩き、境内や海岸道路では、馬かけ神事が行われます。 

2017年8月14日~16日:三夜踊り

2017年8月14日~16日:三夜踊り

2014-05-30 14:10:15.322

毎年、盂蘭盆(8月14~16日)に市役所前三角州で踊られる。いわゆる盆踊りであるが、その起源は古く、千百余年前から重蔵権現の本尊の地蔵祭りに由来する。神仏のご加護を讃える老若男女が貧富の差なく境内で踊り明かした。

金蔵万燈会(かなくらまんとうえ)

金蔵万燈会(かなくらまんとうえ)

2014-05-30 14:09:33.754

金の鶴が舞い降りた伝説の残る金蔵地区は 日本の里100選や 美しい日本の歩きたくなる道500選に選ばれ、山間の傾斜地に美しい棚田が広がります。金蔵五ヶ寺である 金蔵寺 慶願寺 正願寺 正楽寺 圓徳寺 の境内を中心に、金蔵の集落全体が3万本のろうそくに灯されて、幻想的且つ安らぎの空間を演出します。

8月17日、18日:黒島天領祭

8月17日、18日:黒島天領祭

2014-05-30 14:08:48.832

大阪城と名古屋城をかたどった曳山が、勇ましい声とともに町を駆け回ります。武者人形やのぼり旗が飾りつけられた2基の曳山は、総輪島塗金箔仕上げの豪華なもの。子どもの奴振り行列も見ものです。

2017年8月17日:曽々木大祭

2017年8月17日:曽々木大祭

2014-05-30 14:06:47.49

町野町曽々木では、観光PRと地元の発展を願い、地元と観光協会が協力し曽々木大祭が開かれます。
 17日の夜は青年団による5間半(10m)のキリコ1本と4間(7m)のキリコ4本の合計5本のキリコが町を練り歩きます。

3月1日~7日:如月祭

3月1日~7日:如月祭

2014-05-30 14:01:12.673

河井町の古当組(数え年で48、49歳)によって行われる珍しい祭りです。この祭りがいつから始まったたかは不明ですが、重蔵神社の文献によれば文明8年ころすでに行われていた神事であると思われます。
その昔、この地方の草分時代、大国主命が国土平定のため巡国されたおりに、毎年、その地方の良民を苦しめ、田畑を荒らす悪者がいたので、これを退治したと伝えられています。

如月祭は、その名のとおり2月に行われたものだったが、明治以後は1ヶ月遅れの3月に行われています。

2月15日~3月15日:犬の子まき

2月15日~3月15日:犬の子まき

2014-05-30 13:55:39.564

曹洞宗の寺院では、お釈迦様が亡くなったこの日、遺徳を偲ぶ法要とともに涅槃団子「犬の子」まきが行なわれる。これは、釈迦の臨終に駆けつけた十二支の内、作り易い「犬」や「鳥」などを米の粉で団子を作り、赤や青の彩色で目、鼻などを描いて仏前に供え法要後その団子をまく行事。

この「犬の子」は、魔よけになるとして、小袋に納めてお守り代わりにする人も多い。

■実施日と場所
2月15日:蓮江寺(河井町 0768-22-0638)
3月 6日:芳春院(門前町 0768-42-0481)
3月10日:總持寺祖院(門前町 0768-42-0005)
3月13日:興禅寺(門前町 0768-42-3066)
3月15日:覚皇院(門前町 0768-42-0590)

(お問い合わせ先)
輪島市観光課 0768-23-1146
門前総合支所 0768-42-8720

輪島市観光協会
〒928-0001 石川県輪島市河井町19-1-64
TEL 0768-22-6588/FAX 0768-22-0136