曹洞宗大本山 總持寺祖院(そうじじそいん)

20141030171056
元享元年(1321年)に瑩山禅師が開き、永平寺と並ぶ曹洞宗の修行寺として栄えてきました。その後、明治31年(1898年)の大火で多くを焼失し、本山は神奈川県の鶴見へと移されました。現在では、祖院として、大本山のおもかげを偲ばせる幽玄な寺院となっています。焼失を免れた経蔵、伝燈院、慈雲閣などが境内にたたずみ、また、七堂伽藍も再建され、威厳と風格を今に伝えています。


(HP) http://www.wannet.jp/noto-soin/
(所在地) 門前町門前1-18甲 
(お問い合わせ先) 電話0768-42-0005
btn
btn_coupon2
btn_contact_1