2017年7月31日(月)・8月1日(火): 名舟大祭

IMG_0219

日程は、7月31日・8月1日(毎年同日開催です)

名舟大祭は御陣乗太鼓の発祥地である、輪島市名舟町の夏祭りです。
7月31日は宵祭り、21:00頃にキリコが急な斜面の中に立つ奥津姫神社へ向けて行進を始め、21:30頃に到着し神事を行った後、お神輿を迎えて、海岸の鳥居へ向かいます。22:00頃神輿の海上渡御のあと、御陣乗太鼓の奉納打ちが行われます。
8月1日は本祭り、14:00に神輿が還御、14:40頃から海上渡御、15:00頃御陣乗太鼓の奉納打ちが行われます。


天正5年(1577年)、上杉謙信の能登攻略のとき、古老の一計で、奇怪な面を付け、陣太鼓を打ち鳴らし上杉軍に奇襲をかけ敗走させたのが始まりといわれる御陣乗太鼓の伝承は、地元に生まれたものにしか資格がなく、地元の子供たちは週2回、大人は毎晩太鼓の練習をしています。
 


名舟大祭執行に関するお問い合わせは
南志見公民館    0768-34-1001
輪島市観光協会 0768-22-6588

 

btn
btn_coupon2
btn_contact_1